わかおの旅日記

旅行好きな社会人のブログです。一人旅多めです。

【パリのホテル】メルキュール パリ ガール モンパルナスに泊まってきた

2019年12月のパリ旅行で、メルキュール パリ ガール モンパルナス(Hotel Mercure Paris Gare Montparnasse)というホテルに宿泊してきました。

f:id:kwwwww:20200122005318j:plain

メルキュール パリ ガール モンパルナスの概要

メルキュール パリ ガール モンパルナスは、パリの主要駅の一つであるモンパルナス駅から徒歩5分の距離にある、好立地なホテルです。

モンパルナス駅はシャルル・ド・ゴール空港からの直行バス ル バス ディレクト(LE BUS DIRECT)の4号線(LINE 4)の停留所もあるため、空港からのアクセスもしやすいです。

今回私が宿泊した部屋は以下のとおりです。

チェックアウトについては、前々日にフロントで相談したら無料で14:00のチェックアウトにしてもらうことができました。

今回は、おそらく、部屋が空いていたからレイトチェックアウトさせてもらえたのだと思います。

ただ、部屋が可能であれば無料でレイトチェックアウトさせてくれるという点で、ユーザーファーストのホテルだなぁと思いました。

部屋:クラシック ルーム(ダブルベッド 1 台)
チェックイン:14:00
チェックアウト:12:00(レイトチェックアウト 14:00)
料金(1泊):約12,000〜1,6000 円(時期による)

ロビー紹介

入り口を入ってすぐにあるロビーがこちら。

赤い派手な色のソファーがありますが、照明がやしく、落ち着いた雰囲気はあります。

年末ということで、クリスマスツリーもあります。

f:id:kwwwww:20200122010956j:plain

こちらは、入り口を入って左手の場所。

食事をしたり、観光の計画を立てたりと、自由に利用できます。

f:id:kwwwww:20200122011034j:plain

反対に入り口から入って右手の場所。

こちらも色使いが派手ですが、不思議と落ち着く空間でした。

f:id:kwwwww:20200122011025j:plain

f:id:kwwwww:20200122011038j:plain

部屋紹介

今回私が宿泊した、クラシックルームの部屋を紹介します。

部屋に入るとこんな感じ。

部屋の構造は一般的なホテルと同じです。

入って左側にトイレとシャワーがあり、その奥の空間にベットがあります。

f:id:kwwwww:20200122011552j:plain

ベット周辺

こちらがベット。

壁に書かれたホテルの絵がかわいいですね。

f:id:kwwwww:20200122011624j:plain

枕元にはコンセントがあるので、スマホも充電しやすいです。

f:id:kwwwww:20200122011659j:plain

カーテンの配色がフランスの国旗🇫🇷になっています。

部屋に入った瞬間、おぉ!っとなりました。

(左側は光の関係で暗く見えますが、青色でした)

f:id:kwwwww:20200122011756j:plain

シャワー&トイレ

こちらがシャワールーム。

バスタブはありません。

また、シャワールームにも扉がないため、シャワーを振り回すと床がびしょ濡れになります。

気をつけましょう。

f:id:kwwwww:20200122012010j:plain

f:id:kwwwww:20200122012109j:plain

トイレは至って普通。

もちろん、ウォシュレットはありません。

f:id:kwwwww:20200122012335j:plain

セキュリティボックス

セキュリティボックスは電子式でした。

物理キーを無くし心配がないので、安心です。

f:id:kwwwww:20200122012446j:plain

サイズとしても、13インチのmacbook proがすっぽり入る大きさでしたので、十分かと思います。

f:id:kwwwww:20200122012521j:plain

アメニティ

シャワールームには、シャンプーとボディ用石鹸が用意されていました。

トリートメントやブラシ、歯ブラシ、パジャマ、スリッパは用意されていませんので、持参しましょう。

その他

コーヒーとお湯を沸かすためのケトルが用意されていました。

f:id:kwwwww:20200122012547j:plainf:id:kwwwww:20200122012556j:plain

こちらは、荷物置き用の台。

私は、キャリーケースをこの上に置いて、使っていました。

f:id:kwwwww:20200122012637j:plain

朝食

こちらのホテルでは、0階で、6時半〜10時の間(うろ覚えです)朝食が提供されています。

(フランスでは地上階を0階からカウントします。なので、0階は日本で言うところの1階です。)

料金は18.5ユーロ(約2,300円)と少しお高めでした。

f:id:kwwwww:20200122012901p:plain

朝食会場はこんな感じ。

照明がおしゃれです。

f:id:kwwwww:20200122013337j:plain

ビュッフェ形式です。

パンはこちらで好きなものを取ります。

食パン、クロワッサンなど、色んな種類のパンがあります。

f:id:kwwwww:20200122014123j:plain

こちらは、クレープの生地。

ちょっと甘いです。

f:id:kwwwww:20200122013408j:plain

ピラフ(タイ米)とじゃがいも。

ピラフは薄味。

f:id:kwwwww:20200122013419j:plain

ソーセージとベーコン。

ベーコンはカリカリで美味しかったです。

ソーセージはパリッとしているタイプではないので、好みではなかった。。。

f:id:kwwwww:20200122013429j:plain

スクランブルエッグ。

これは、ふつうに美味しい。

f:id:kwwwww:20200122013438j:plain

野菜と果物、ヨーグルト、チーズもあります。

チーズが美味しい!

f:id:kwwwww:20200122013841j:plain

こちらにもヨーグルトやハムがありました。

f:id:kwwwww:20200122014033j:plain

飲み物は、コーヒーや紅茶、オレンジジュースがあります。

f:id:kwwwww:20200122013901j:plain

f:id:kwwwww:20200122013928j:plain

オレンジジュースは、なんと生搾りです。

ボタンを押すと、機械で絞られたオレンジジュースが出てきます。

f:id:kwwwww:20200122013945j:plain

ということで、こちがら私の朝食です!

写真撮り忘れましたが、シリアルもありました。

特に、チーズとベーコンが美味しかった!

f:id:kwwwww:20200122014242j:plain

まとめ:一人でも複数人でも泊まりやすいホテル

今回、私は一人での宿泊でしたが、複数人で泊まれる部屋も多くあり、どなたでも泊まりやすいホテルです。

実際に、家族連れの方は多かったです。

さらに、パリの主要駅から徒歩圏内であるため、空港やベルサイユ宮殿等の観光地へのアクセスもしやすいです。

ホテルが面している通りは、細い道ですが、夜間もしっかり街灯がついていました。

値段もそれほど高くないので、一人旅にも家族旅行にもおすすめできるホテルだな、と思いました。

f:id:kwwwww:20200122014345j:plain


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

その他のフランス関連記事はこちら

TwitterInstagramも、ぜひフォローお願いします!!